2009年8月1日オープン 宮島の宿 蔵宿いろは

宮島の宿 蔵宿いろは

宮島の宿 蔵宿いろは
*2017年8月26日の花火大会抽選申込は、次回3月15日から再開致します。


蔵宿のお部屋

詳細はこちら
懐かしさに包まれて、眠る。目覚める。

どこかで見たことのある風景、いつかきいたことのある香り。記憶の底から湧きあがる、やわらかな懐かしさが、旅人の心を癒す蔵宿のお部屋。
和でありモダンである室礼には、土佐の漆喰を使った壁にきもの柄を思わせる壁紙を用い、新しい空間にいにしえの心を吹き込みました。
海に面したお部屋にも、歴史的な町並みや弥山原始林の緑が窓いっぱいに広がる山側のお部屋にも、
神宿る島の旅情があふれ、海と山に抱かれた蔵宿ならではのひとときが、忘れがたい旅の記憶を刻みます。

写真

海の見えるお部屋
(い・ろ・は・ち・り・ぬ)

写真

山の見えるお部屋
(ほ・へ・と・を・わ・か)

写真

中側のお部屋
(に・る)

蔵宿のお料理

詳細はこちら
瀬戸内の美味に、なごむ。

お宿でゆっくり召し上がっていただくお食事には、中国山地の旬の野菜や、ぴちぴちはねる瀬戸内の海の幸を。
食の基本は、自然のいのちを自らのいのちに受け継ぐことだと蔵宿は考えています。
器の美、自然のいのちの彩りを、五感で味わう。こころなごむひとときを。
ご夕食は月替わりの御献立です。ここでしか味わえない逸品の数々をお愉しみください。

写真
写真
写真

蔵宿の野菜

「普段は野菜を食べない子供が 残さず食べました!」ご宿泊のお母さまがたびたび驚きの声をあげられます。
蔵宿いろはのお野菜 山中料理長が地元の有機栽培の野菜から、丁寧に選んだものを提供させていただいております。
野菜本来の持つ 旨みと甘みを存分にお楽しみください。

向原町の孫野菜

野菜が本来持つ旨みを味わうためには産地・農法が大切です。
山中料理長がこだわる素材選び、こちらの産地では農家自身が日頃食べる自宅用の野菜を提供していただいています。
昔ながらの一つの畑での多品種・少量の野菜作り、ホタルの里のきれいな清流で育った、季節に即した露地栽培中心の野菜です。
産地直送ならではの鮮度も重要です。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

世羅町で生産される有機野菜

蔵宿いろはのお料理は、広島県内の有機野菜を使っています。
中でも世羅町は広島県中部に位置する標高500mの台地に広がる赤土地帯。
寒暖の差が激しく、農産物の育成に適した環境を備えています。
甘くて美味しい野菜を、ぜひお楽しみください。

写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真
写真

蔵宿のお風呂

詳細はこちら
こころがゆるりほどける、神の島の湯。

世界遺産、海の参道をのぞむ天空の湯。
まるでシルクのように小さな気泡がからだを包むシルクのお風呂。心地よさに、思わずまどろむ。
蔵宿自慢の湯で、こころの奧から、じんわりとほどけていくのを感じてください。

写真
写真
写真
写真

お風呂のアメニティは、【ジョンマスターオーガニック】シャンプー・トリートメント・ボディソープ と、【アベンヌ】クレンジングミルク・フォーミングジェル・アベンヌウォーター・スキンバランスクリームを揃えています。

蔵宿のこだわり、サービス

詳細はこちら
蔵宿のこだわり、おもてなし

お部屋でゆったりと過ごすひとときには、エスプレッソコーヒーをお楽しみください。蔵宿のきもちです。
アメニティアイテムは、直接肌に触れるものだから、国内外から厳選いたしました。
上質なくつろぎのひとときに、ホテルのような心地良さをお届けします。

写真
エスプレッソマシン
写真
ルームサービス
写真
オリジナルゆかた
写真
アメニティ
写真
ドライヤーナノケア

ご準備しています

詳細はこちら
こころとからだが潤う、至福の時間。

一日の終わりに、蔵宿の湯の温もりと、髪とお肌のケアで、明日への潤いを。
女性のお客様にお部屋で心からおくつろぎいただくために、蔵宿厳選ビューティーアイテムを揃えております。
お届けするのは、こころとからだが潤う、至福の時間。
ご予約の際に、お気軽にお申し込みください。(数には限りがございます)

写真
ナイトスチーマー
ナノケア
写真
イオンスチーマー
ナノケア
写真
カールアイロン
イオニティ
写真
ストレートアイロン
ナノケア
写真
くるくるドライヤー
ナノケア



蔵宿までのアクセス
日帰り入浴プラン
ランチのご予約


トップページへ