宮島の宿 蔵宿いろは 蔵の間

心をほどく。ひたひたと満ちてくる、穏やかなとき。

大きな窓をひらくと、そこは海。
木のテラスは潮騒に包まれて−
蔵宿の2階、海に面した広々とした空間には、旅人が心をゆだねる、ゆるやかな時間が流れます。
自然木の壁や一枚板のテーブルから生まれる森の香り、海からの潮の香り。
漂う自然の息吹を感じながら、グラスを傾け、本を開く。
ここは蔵宿のスピリットが潜む、リラクゼーションのスペースです。

写真
写真
写真
写真