宮島の癒しの旅館、いのちやすらぐ「蔵宿いろは」

王朝文化の美が今も息づく 世界文化遺産 安芸の宮島 嚴島神社。
弥山原始林の生き生きとした緑を背景に 鮮やかな朱の社殿・大鳥居は世界中の人を魅了し続けています。
宮島の旅館【蔵宿いろは】は、利休鼠の落ち着いた灰色を基調にした 松原の緑 神社の朱を引き立てるゆかしき佇まいの宮島の旅館です。
石畳のアプローチを踏みしめ 玄関を一歩はいった瞬間から 蔵宿いろはのお客様へのおもてなしは始まります。
日本伝統の蔵の心を大切にしながら、いまだに息づくことを止めない土佐漆喰を基調とした懐かしさに包まれたお部屋。 一品一品 料理人が心を込めてしつらえる旬の瀬戸内の美味 中国山地の山の幸。旅の疲れを優しく解きほぐす白濁の湯と満天の星に抱かれる天空の湯。それらの心を込めた自然体のおもてなしで、旅人をお迎えする癒しの旅館それが蔵宿いろはの心です。

神の島「宮島」で、いのちやすらぐ、かけがえのない一夜をお過ごしください。


Facebook